交通事故に遭ってしまい、けがをした場合には、自賠責保険の賠償金の支払いの面において、細かい決まりごとがあります。けがをして、治療を開始してある程度の期間が経過し、ある程度は回復をして、長い期間から見るとある一定の状態が続いている、これ以上回復も、悪くなることもない、という状態のことを症状固定と呼びます。保険会社では、なるべく早めに解決を図るために、症状固定を区切りとして、治療をいったん終了とします。この症状固定を境目として、その後も、なんらかの身体の機能など、障害が残っている状態のことを、後遺障害と呼びます。事故直後から症状固定までのことは障害部分と呼ばれています。

後遺障害は、逸失利益、後遺障害慰謝料、介護料などが含まれます。後遺障害は治療に当たった医師の診断によって等級認定が行われます。この等級は16、さらに142の項目といったように、細かく分けられています。

たとえば頭痛や手のしびれがある、といった場合でも、同じような症状で後遺障害が起こっていても、後遺障害の等級の認定がきちんと行われていないと、賠償の金額が大きく左右される可能性があります。等級の認定のためには、適切な書面を提出することが大切です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket